ツイッター関連のアプリは投稿に連携を使わんほうがええでよ

ツイッター周りのアプリを作るとなると、連携機能をつけたい!またはつけるしかない!ということになると思いますが、必要最小限以外は使わないほうがいいぞっていう話。めけぽんビンゴでも、すでに連携による投稿のボタンは削除しています。その理由を二つばかり挙げます。


 

勝手にスパムと謳われる

この記事で連携するからってスパムというわけではないんだよ~と書きましたが、まあ当然ながらそんなことがわかっているツイッターユーザはそんなに多くないんですよね。
根拠のないデマを流され、それが大量リツイートされることもよくあります。
特にまだ発足して間もないサービスはこの被害を受けやすいですし、受けた時の影響も大きいのです。別のサービスを運営していてそこで信頼を獲得したとしても、運営者情報はあんまり見てくれないのでほとんど効果はありません。信頼を得たサービスに内包する形ならば効果はあるのでしょうが・・・・・・
ショッキングな内容はリツイートしたくなるのは人間の性。こればかりはどうしようにもないし、防ぎようがないんですよね。
 
 

トレンドに載らない

めけぽんビンゴで連携による投稿ボタンを撤去した理由はこれ。連携ツイートによるツイートは、おそらくですがトレンド作成時の集計の対象外になるようです。
今までなかよしMAPでもしたためったーでもめけぽんビンゴでも、私が見ている限りではトレンド入りをしたことがなかったんです。もしかしたらトレンドに入っていたこともあるかもしれませんが。
なんとなく疑問に感じ、8月22日に実験的に連携投稿ボタンを削除してみたところ。
写真 2016-08-22 19 13 49
いとも簡単にトレンド入りしました。
トレンドには単語が含まれるツイートの投稿数の時間微分が影響していると考えられます。極端にユーザが増えたわけでもないのに連携による投稿ボタンを撤去しただけでトレンド入りするということは、連携ツイートはトレンド集計から弾かれていると考えるしかないんですよね。ちなみにこの数分後DoS攻撃をくらい、数時間にわたってサーバが落ちていました。すみませんです。
トレンド入りできないということは、そのサービスの知名度はもちろんのこと、めけぽんビンゴのようなユーザ投稿型サイトではせっかく投稿してくれたものが広まりにくいというデメリットがあります。運営側もユーザ側も困るデメリットなんですよね。
 
 
 
以上から、私はあまりツイッターの連携は投稿目的には使わんほうがいいと思っています。
連携を使うのはツイートを取得する時だけがおすすめです。Readだけならスパムデマもそんなに流れないので。
画像添付となると連携がほしくなりますが、ツイッターカードを使ったほうが絶対いいです。画像は2縦横比が28:15ならばタイムラインでもきれいに見えます。そんでもって最初に縦長にしてしまうと後で苦労します。しました。
リツイートやいいねもよくあるツイートボタンのように設置できます。Twitter Developersを参考にしてね。
 

ということでツイッター関連のアプリを開発するみんなは投稿時に連携を使わんようにしようね!